CRIMIE / LEATHER WAPPEN POCKET T-SHIRT

LEATHER WAPPEN POCKET T-SHIRT

CRIMIE / LEATHER WAPPEN POCKET T-SHIRT

価格5,400円 (税込5,832円)

シンプルながらも主張する一枚

ブランドを象徴するオリジナルVネックポケットTシャツにアイコニック的なウオッシャブルレザーワッペンをつけたシンプルながらも主張があるTシャツとなっています。

■CRIMIEオリジナルプレミアムTシャツ 物の本質(素材)を追求しそこから独自のシルエットデザインをすることによりブランドの求める「価値」を形にしたプレミアム (最高級)な仕上がりのTシャツ。 ブランドが常に挑戦するのは、現代を生きる人々のライフスタイルにフィットした、新しいスタンダードクロージングの提案。糸を作ることから始めたプレミアムツイストコットン素材を使用し、その着心地はまさに最高品質のスタンダードたるもの。 理想を形にするためのこだわり全てを注ぎ込んだ一つの答えが、このコットンTシャツに表れています。 裾にはブランドメッセージをスタンプ調でプリント。 こだわりのTシャツができるまで素材作り光沢があり毛羽立ちが少ない肌触りの良い細番手高級糸となるコーマ糸をベースに、一定方向に向かって撚り(ひねり)をかけた単糸(Z撚り)を双糸(2本の糸で形成された糸)にして2本の糸を最初の一定方向の反対向きに撚る(S撚り)ことによりトルクが安定し、撚り合わせた一本の糸(合撚糸)で編み上げた生地は斜行(バランスが悪い糸で編み立てると編み地の目面が斜めに曲がる)や、洗濯での型崩れしにくくなる安定した生地になる糸から編み上がっています。コーマ糸を使った撚糸で作った素材は通常の綿よりも肌触り、肌離れが良く、吸湿性と速乾性が向上し着心地を爽やかにさせます。 着心地撚糸(ねんし)ならではのシャリ感は若干感じるものの、上質なケバ立ち非常に少ないコーマ糸を元に糸を撚りあげて作っているので、綿100%とは思えないさらりとした肌触りと肌離れがよく、着た瞬間感じる気持ちの良い冷感と上品な着心地となっています。 耐久性糸自体を捻って作っているため、丈夫に仕上がり、耐久性も上がり、上質な見た目とは反対にタフな着用にも適したTシャツとなっています。

同素材展開2PパックTシャツシリーズ

COTTON 100%

XS (US_XXS) / 着丈首元 : 60.0 / 着丈真中 : 58.0 / 肩巾 : 39.0 / 身巾 : 45 cm
S (US_XS) / 着丈首元 : 63.0 / 着丈真中 : 61.0 / 肩巾 : 41.0 / 身巾 : 48 cm
M (US_S) / 着丈首元 : 66.0 / 着丈真中 : 64.0 / 肩巾 : 43.0 / 身巾 : 51 cm
L (US_M) / 着丈首元 : 69.0 / 着丈真中 : 67.0 / 肩巾 : 45.0 / 身巾 : 54 cm
XL (US_L) / 着丈首元 : 72.0 / 着丈真中 : 70.0 / 肩巾 : 47.0 / 身巾 : 57 cm
XXL (US_XL) / 着丈首元 : 73.5 / 着丈真中 : 71.5 / 肩巾 : 49.0 / 身巾 : 60 cm

SIZE BALANCE サイズと体型目安
Size and the standard of figure

体重=体格バランスをメインに身長を比較し各サイズをデザインしています。 Weight = Mainly designed each size with build balance compare to the height.

XS (US : XXS) / 152 _ 165 cm : 40 _ 55 kg S (US : XS) / 160 _ 170 cm : 50 _ 65 kg M (US : S) / 165 _ 175cm : 60 _ 75 kg L (US : M) / 170 _ 180 cm : 70 _ 85 kg XL (US : L) / 175 _ 185 cm : 80 _ 95 kg XXL (US : XL) / 180 _ 190 cm : 90 _ 105 kg 本アイテム含め、次季コレクション未入荷アイテムも直営 GARDEN TOKYO & THE OPEN ATELIER にてサンプルをご試着頂けます。また、本ブランドのパンツ類は全て直営にて無料で裾上げを承ります。詳しくはご来店、またはお電話/メールにてお問い合わせ下さい。連絡先:03-3405-5075

下記リストからご希望の商品をお選びください。

  XS S M L XL XXL
WHITE × ×
BLACK ×

×・・・売り切れ

数量

HISTORY

このページの先頭へ